スタッフ紹介

●事務局長(常勤):長谷川友紀

1987年愛知県刈谷市生まれ。学生時代に国際協力を学び、ボランティア活動に興味を持つ。短大卒業後、地元の自動車部品メーカーに就職し、社内の社会貢献活動に社員ボランティアとして参加。地域や社会の課題解決に夢中になって取り組む人の姿に共感し、2010年春よりコミュニティ・ユース・バンクmomo(以下、momo)でボランティアスタッフ(momoレンジャー)として活動を開始、11年からは理事を務める。ボランティアではなく、仕事で関わっていきたい気持ちが強くなり、12年8月に会社を退職。momoの事務局スタッフを経て、13年4月よりあいちコミュニティ財団の事務局スタッフとして勤務。

P.39【ACF】長谷川写真

 

 

 

 

 

●事務局スタッフ(常勤):荒木真人

1981年富山県生まれ。学生時代に国際協力に興味を持ち飢餓問題に関わるNGOで寄付を集めるインターンに参加。大学院卒業後、三重県の観光農園に就職。主に食・農業・自然をテーマに体験型イベントを企画・運営する。退職後、富山県で地域活性化協議会の事務局を担当するが、資金調達やスタッフの専門知識の不足による運営の難しさに直面し、NPOのマネジメント、ファンドレイジングに興味を持つ。事務局を退職した折にあいちコミュニティ財団のスタッフ募集を知り、熱い気持ちを持って活動しているNPOを応援する仕事がしたいと思い、2016年10月より事務局スタッフとして勤務。

 

 

 

 

 

●事務局スタッフ(常勤):今福綾乃

1978年愛知県名古屋市生まれ。短大卒業後、プログラマーとして地元の企業に就職。20代前半はNPOや地域課題とはまったく無縁の生活だったが、2003年、知的障がい者支援の仕事に出会い、その翌年よりNPOに勤務。それを機にさまざまな地域課題を知り、NPOで働く人たちの想いに触れ、私も応援したい、何か役に立ちたい、という気持ちに。それと同時に、NPOの課題(人手・資金・専門外知識等の不足)も感じるように。世の中の資源(人・お金・知識・気持ち)がバランスよく回り、不足を補い合い、地域・社会がより元気で力強いものになるとよいのに…という想いやもどかしさから、ファンドレイジング(寄付)やボランティアの活動に興味を持ち、可能な範囲で活動。そんなとき、あいちコミュニティ財団のスタッフ募集に出会い、16年4月より事務局スタッフとして勤務。

IMG_8216

 

 

 

 

 

●事務局スタッフ(非常勤):上松恵子

岐阜県岐阜市生まれ、在住。名古屋の広告会社で企画・営業として10年、学校法人で事務職員として3年勤務。二児の母となり、地域・社会・未来に強い関心と責任を感じるようになり、「産後ケアの普及」「母となって、はたらくを考えるサロンの運営」「地域で子どもの自立を支援する活動」等に参画。市民公益活動の活性化の必要性・重要性を実感する。さらに「本気の志を持つ人びとを支援すること」で、少しでも明るい未来に近づくスピードを加速させたい!と思い、2016年4月よりあいちコミュニティ財団の事務局スタッフとして勤務。

12914935_1598348740487455_1932626588_o (1)

 

 

 

 

 

●事務局スタッフ(常勤):佐藤玲子

愛知県額田郡幸田町生まれ。名古屋市内でOLとして働くかたわら、2013年にNPO法人名古屋NGOセンターの「次世代のNGOを育てるコミュニティ・カレッジ2013」へ参加。NPOの財政基盤強化に興味を持ち始めたころ、講座であいちコミュニティ財団代表理事の木村と出会う。財団のボランティアとして関わり出し、14年7月より事務局スタッフとなる。

佐藤さん写真

 

 

 

 

 

●事務局スタッフ(常勤):山田友美

静岡県富士市生まれ、毎日富士山を見て育つ。子育て期に静岡市主催の「アイセル女性カレッジ」を受講し、女性が置かれている社会環境や女性の新しい働き方について学ぶ。市民活動としてcafeでのおはなし会を企画開催する団体のリーダーを務める。カレッジ修了後、静岡市女性会館の指定管理者であるNPO法人男女共同参画フォーラムの職員として、女性を取り巻く課題解決のための講座の企画運営に携わる。名古屋への引っ越しを機に退職。”すべての女性の応援団”をモットーに、あいちの課題を見える化し、安心できる地域の未来づくりを一緒に目指したいと、14年7月よりあいちコミュニティ財団の事務局スタッフとして勤務。
山田さん写真

 

 

 

 

●業務支援スタッフ(非常勤):林雅樹

1950年大阪市生まれ。関西の機械メーカーで人事労務を10年、外資系コンピュータ会社でSEとして30年、人事労務から大小さまざまなコンピュータで作られるシステム・業界・業務を経験する。CSR活動に熱心だった会社の勧めで、2011年から半年間「プロボノ活動」を経験して地域のNPOの存在やその活動・課題を知る。定年退職後は、ボランティアベースで多数の団体にIT支援、プロジェクト管理、人事労務等で支援。2015年その経験を後進に伝えるべく「あいちアイティ塾」を立ち上げる。あいちコミュニティ財団では、これまでボランティアスタッフ「フレンドレイザー」「ツムギスト」等で活動。
12938230_1083783855014306_4424188179006745828_n