【「あいちの課題深掘りBOOK」2013】特集:外国にルーツのある子ども(外国人児童生徒)の発達障害に関する調査事業/NPO法人多文化共生リソースセンター東海

653名の発起人(設立寄付者)のみなさまからの“志金”により2013年4月に設立し、14年4月には公益財団法人として愛知県から認定を受けたあいちコミュニティ財団は、今年11月に当財団初の年次報告書「あいちの課題深掘りBOOK」2013を発行しました。

本書では、~次世代につむぐ「あいち」ならではの17の物語~と題して、14年4月に設置した「あいちの課題深堀りファンド」の14年度助成先が深掘りした3つの地域課題や、2013年度に助成した14事業が挑む地域課題とその解決策を紹介しています。

14年度助成先の3団体が調査(深掘り)した「解決に挑む地域の課題」と「解決策の先行事例」を1団体ずつご紹介します。他のページを読みたい方は、「あいちの課題深掘りファンド」にご寄付いただくと、1口(3,000円)につき1冊を送付します。
※本書の寄付募集は2014年12月31日までとなります。また、冊数がなくなり次第、終了となりますのでお早めにお申し込みください。

寄付方法(“志金”の持ち寄り方)については、こちらのページをご覧ください。

「外国人の子どもと発達障がい」白書

事業名:外国にルーツのある子ども(外国人児童生徒)の発達障害に関する調査事業
団体名:NPO法人多文化共生リソースセンター東海

【最終版】ddfca_book2013_14-15

【最終版】ddfca_book2013_16-17

【「あいちの課題深掘りBOOK」2013】特集:視覚障がい者雇用への課題と提案/名古屋視覚障がい者職業開発委員会のページはこちらよりご確認ください。

以上

【寄付者の声No.453】 仕事の忙しさを理由に地域の問題から逃避するのはも...
2017.10.16