5/13(土)「休眠預金活用時代に備える2日間」Day2 NPO法人事務力検定&事務局セミナー in あいち ~「事務能力向上」への第一歩~

こんにちは。事務局スタッフの荒木です。「休眠預金活用時代に備える2日間」Day2、NPO法人事務力検定&事務局セミナー in あいち ~「事務能力向上」への第一歩~を開催しました。

●日時:2017年5月13日(土) 10:00~17:00
●会場:愛知淑徳大学 星が丘キャンパス4号館1階41C
●参加者:18名

「休眠預金活用法」が昨年末に成立するなど、市民公益活動団体(NPO)に対する社会からの期待が急速に高まっています。そんな背景から「休眠預金活用時代に備える2日間」と題し、内閣府や他地域から講師をお招きしセミナーを開催しました。2日目(5月13日(土) )は「事務能力向上」をキーワードに NPO法人事務力検定&事務局セミナーを開催しました。

NPO法人岡山NPOセンターNPO事務支援センター長、加藤彰子さんを講師にお招きしました。事務局セミナーでは定款の読み方、所轄庁手続き、法務局手続き、NPO会計などについて、岡山NPOセンターの実例を交えてお話しがあり、参加者の方は理解がし易かったようです。

セミナーの後は1時間の検定試験でした。自己採点が終わり、安堵の顔を浮かべる参加者が多い印象でした。前日の「休眠預金活用時代に備える2日間」Day1の講師一般財団法人非営利組織評価センター企画部、杉田研一さんが「事務局運営」が組織評価対象の一つと話されていました。NPO法人が事務能力を向上させることで安心して寄付できる団体に繋がる。事務能力向上が信頼されるNPOへと近づくのだと実感しました。

【寄付者の声No.449】 地域の課題を深掘りすることで、”何とかしなければ...
2017.09.15