「あいち“志金”マルシェ化計画」参加法人第3号:加藤電機株式会社

【2017年3月1日更新】

加藤電機株式会社

1.会社概要
●法人名:加藤電機株式会社
●住所:〒475-8574 愛知県半田市花園町6-28-10
●電話番号:0569-21-6182
●URL:http://www.kato-denki.com/

2.プロジェクト名
安全な地域×笑顔の花咲くプロジェクト

SANフラワー見守りサービスの SANサポーター料(SAN アンテナ設置広告利用料 2,800 円/月~)の1%を寄付

加藤電機株式会社(本社:半田市)は、カーセキュリティ・パーソナルセキュリティを開発・販売しています。

普段の生活の中で人目のない道路や暗い場所へ近づかないようにしても、子どもが1人になった瞬間や、人通りが少なくなった一瞬のタイミングで犯罪に巻き込まれるケースが多々あります。また、日本は世界でも類を見ない超高齢社会に突入しています。厚生労働省は団塊の世代が75歳以上になる2025年に、認知症の人が約700万人に達するとの推計を明らかにしました。認知症やその疑いがあり、徘徊などで行方不明になる方も増えています。

日本初(※1)のSANフラワーは、社会問題になっている老人や子どもの行方不明の対策にとても有効です。さまざまな企業・団体の方にSANフラワー見守りサービスの普及にご賛同いただき、地域にアンテナを多く設置することができれば、見守りエリアはますます拡大しています。
※1 GPS機能を使わずに正確な居場所を捜索できるシステムにおいて(2014月2月加藤電機調べ)

加藤電機株式会社代表取締役社長の加藤様は「安心して過ごすことができる環境は、地域の住民・企業・団体とともに作っていく仕組みです。SANフラワーを設置してくださる企業・法人が増えることはまさに安全な地域への一歩です。SANフラワーが広がることが安全なまちにつながり、そこに住む方の安心につながる。さらに、設置が寄付につながることで、子どもを取り巻く地域課題にも貢献できる。そんな笑顔の花が広がればうれしい」との思いから、本企画にご参画いただきました。

3.“志金”の生かし方
本企画の“志金”は「あいち・なごや子どもとつくる基金」への寄付となります。
「あいち・なごや子どもとつくる基金」
愛知県の未来を担う子どもの悩みや不安を解消し、ひとりでも多くの子どもの笑顔の花を咲かせるために、みんなで寄付を集める(“志金”を持ち寄る)しくみとして設置されました。あいちの子どもを取り巻く深刻な問題の解決に“志金”が生かされます。

4.プロジェクト開始日
2017年3月1日

5.覚書調印式の実施
2017年2月26日(日)「あいち・なごや子どもとつくる基金」最終(公開プレゼンテーション)選考会 内で開催
http://aichi-community.jp/posts/20491

以上

【寄付者の声No.435】 多文化共生って、つまるところ、社会のユニバーサル...
2017.06.15