「あいち“志金”マルシェ化計画」参加法人第7号:エシカル・ペネロープ株式会社

【2017年3月26日更新】

エシカル・ペネロープ株式会社

1.会社概要
●法人名:エシカル・ペネロープ株式会社
●住所:〒460-0003  愛知県名古屋市中区錦3-6-15先 名古屋テレビ塔1階
●電話番号:052-972-7350
●URL:http://ethical-penelope.jp


(写真左が店長の小野様。ママボノとともに撮影)

2.プロジェクト名
地元・あいちとのフェアトレードプロジェクト
~我が家と世界を、そして今と未来をつなぐコーヒー~

オリジナルのフェアトレード・コーヒー(メキシコマヤビニック)のドリップパック1杯分に1円の寄付

エシカル・ペネロープ株式会社は、愛知県名古屋市にある名古屋テレビ塔1階に、フェアトレード&エシカル・ファッションのセレクトショップの店舗をかまえています。

「エシカル(倫理的な)」とは「思いやり」。私たちの幸せの裏側で、弱者への搾取や地球環境破壊などで誰かや何かが犠牲になっているとしたら、本当の幸せではありません。物事の背景や裏側に思いを巡らして、社会や環境にやさしいか、関わる人みんなが喜んでいるのか、人も自然も、地球上すべての命がハッピーであるよう、思いやる心がエシカルの美意識です。

誰も傷つけない方法で生産されるファッションで、作る人も売る人も買う人もみんなが幸せ。エシカルは、他人や自然やすべての命を思いやり、支え合い、つながっているという概念です。見た目のデザイン性や質の良さに魅かれて選んだモノの背景が公正であり、生産者にも地球環境にも社会にもやさしいものであれば、未来はよい方向へ進みます。

誰も犠牲にしない穏やかな地球のために、買うものを「選択」することで新しい未来が始まると信じて、エシカル・ペネロープは活動している法人です。

「フェアトレードタウン認定都市である名古屋では、『地球とのフェアトレード』との理念で活動しています。その思いは海外の途上国とのフェアトレードだけでなく、自然環境に対してのフェアと、国内、地域内に対してのフェアな取引も含めています。地元とのフェアトレードも大事にしたい」との想いから、本企画にご参画いただきました。

3.“志金”の生かし方
本企画の“志金”は「あいち・なごや子どもとつくる基金」への寄付となります。
「あいち・なごや子どもとつくる基金」
愛知県の未来を担う子どもの悩みや不安を解消し、ひとりでも多くの子どもの笑顔の花を咲かせるために、みんなで寄付を集める(“志金”を持ち寄る)しくみとして設置されました。あいちの子どもを取り巻く深刻な問題の解決に“志金”が生かされます。

4.プロジェクト開始日
2017年3月1日

以上

【寄付者の声No.453】 仕事の忙しさを理由に地域の問題から逃避するのはも...
2017.10.16