No.102:長浜洋二さん(株式会社PubliCo 代表取締役CEO)

「お金を出す側の意識と行動が変われば、社会も地域も変わる。」

コミュニティ財団をつうじて、まさにこのことに取り組まれているのが、あいちコミュニティ財団さんではないでしょうか。

NPOをはじめとする市民(ソーシャル)セクターにおける中間支援の役割があらためて問われている中、コミュニティ財団というかたちで新たなチャレンジをされている姿に、いつも多くのことを学ばせていただいています。

コミュニティ財団の第一義的な役割は、地域課題解決のための資金を循環させること。あいちコミュニティ財団さんでは“志金”と呼ばれていますが、単にお金を提供するだけでなく、広い意味での地域“志”源を発掘し、循環させ、地域の課題を解決するところにまでコミットされています。

その地域“志”源とはつまるところ、人。
それぞれの人がお金や、時間や、専門性や、モノなど、自分にできる“志”を提供してくれることで地域が、社会が変わります。愛知にしかない“愛知らしさ”を大切にしつつ、他地域に波及し得るモデルづくりに向けて、さらなるご活躍を楽しみにしています。

広い意味での同じ中間シエンシャとして、これからもよろしくお願いします!

2017年9月4日

株式会社 PubliCo 代表取締役CEO
長浜洋二

 

【寄付者の声No.455】 「顔の見える関係」づくりに共感しました。愛知を本...
2017.11.20