No.95:石原達也さん(NPO法人岡山NPOセンター 副代表理事)

ぼくたちも日々向かっている地域の現場では、社会課題が複雑化してきています。都市部では孤立した高齢者や貧困家庭、ワーキングプア、周辺部では買い物難民や商店の廃業と職の不足など、同じ市町村内で、ある種、矛盾するような課題が起きています。こうした状況を解決するのは課題に直面する当事者と、その解決を自分事と考える当事者の行動しかないとぼくは考えています。

あいちコミュニティ財団さんはその大切な現場の営みを支えるお金を“志金”と呼ばれていますが、まさしく寄付することも当事者になること。そこには志があり、そこにさらに行動でも関わる機会をあいちではとても丁寧につくられていることを尊敬しています。蛇足ですが、代表の木村くんと僕は同い年。いつもその動きに刺激をもらい、僕も岡山でがんばっています。そうした意味ではライバルのあいちがあまり前に行くと悔しい(笑)。でも活躍しないのは絶対嫌だ(笑)。ほんとはうれしい。そんな気持ちでいつも応援しています。

2017年3月2日

NPO法人岡山NPOセンター 副代表理事
NPO法人みんなの集落研究所 代表執行役
公益財団法人みんなでつくる財団おかやま 理事
石原達也

【寄付者の声No.420】 寄付期間、大変お疲れさまでした。共に歩めたことは...
2017.04.29