中日新聞:2016年12月6日付朝刊

中日新聞カンパイ2016

初日は中日・吉見投手が登場!

生ビールの注文1リットルにつき1円が子どもたちへの寄付になる「カンパイチャリティキャンペーン」が、愛知、岐阜、三重、静岡の各県内の居酒屋など約1800店で始まった。来年3月31日まで。

貧困問題などを抱える子どものための基金を運営する「あいちコミュニティ財団」(東区)などが昨年スタートし2回目。各店に生ビールを納入する春日井市の酒類販売「マルト水谷」が売り上げから寄付金を捻出する。期間中、参加店舗はさらに増える見通しという。

初日の1日、熱田区金山町の居酒屋であったキックオフイベントには、ゲストとして中日ドラゴンズの吉見一起投手も登場。使い古したプロ野球のボールを再生して球児らに贈る自身のボランティア活動にも触れ、「どんどん拡散して」と来場者に訴えた。

(問)あいちコミュニティ財団=052(936)5101

【寄付者の声No.435】 多文化共生って、つまるところ、社会のユニバーサル...
2017.06.15