あいちの課題深掘りファンド(2017年)

あいちの課題深掘りファンド
〜地域の課題を「見過ごさない!」あいちを目指して〜

2017年7月31日(月)現在の寄付総額:234,000円

※2017年(2017年1月1日~12月31日)の目標寄付総額は840,000円


rogo

2014年4月1日、あいちコミュニティ財団は公益財団法人として愛知県から認定を受けました。この公益法人化を記念して設置された「あいちの課題深掘りファンド」は、市民公益活動団体(NPO)が解決に挑む地域や社会の課題を深く追求する(深掘りする)ことで、その課題の緊急性や重要性を伝えられるようになることを目指しています。

地域や社会の課題に気づき、その課題を「見過ごせない!」と“自分ごと”で受け止め、解決に向けた具体的なアクションに挑んでいる人たちがいます。しかし、これらの課題は気づいた人たちで認知度を高め、社会に広げていかないことには、「ないのと同じ」扱いをされることもしばしば見受けられます。

このように、課題解決に挑むNPOがより多くの共感を集めて寄付や仲間を募るためには、解決に挑む課題の深刻さを伝えることが不可欠です。しかし、多くのNPOは目の前の活動に精一杯で、解決に挑んでいる課題に関するこれまでの経緯や今後の見通し、解決策の先行事例などを徹底的に調べる時間や労力を捻出できていないのが現状です。

本ファンドは、市民公益活動団体(NPO)が解決に挑む地域や社会の課題を深く追求する(深掘りする)ことで、その課題の緊急性や重要性を巻き込みたい対象者に伝えられるようになることを目指して設置しました。あいちコミュニティ財団と助成先のNPOが一緒になって「解決に挑む地域の課題」と「解決策の先行事例」を可視化するプログラムです。本プログラムでは、ボランティアスタッフ「モグラー(※1)」や「アドバイザー(※2)」が課題の深掘りをサポートします。その成果は毎年、『あいちの課題深掘りBOOK』(※3)にまとめて発行し、本ファンドの寄付者全員に送付します(年1回)。

愛知県は2013年度、リニア中央新幹線の開業後の2030年頃を展望し、2020年までに取り組むべき重点的な戦略を明らかにするとともに、県内各地域の取組方向を示す新しい地域づくりビジョン(あいちビジョン2020)を策定しました。本ファンドでも、2020年~2030年の愛知県を見据え、重点的に取り組むべき課題を追求していきます。

地域の課題を「見過ごさない!」あいちを目指して、みなさんも“志金”でぜひご参加ください。

※1:本ファンドの助成先が挑む課題の深掘りをサポートするボランティアスタッフを「モグラー」と呼んでいます。
※2:一般社団法人地域問題研究所( http://www.chimo.or.jp )等の協力を得て、1団体につき1名がアドバイザーとしてボランティアで参画します。
※3:当財団の助成先が解決に挑む地域課題等を紹介する年次報告書です(2016年度は40ページを想定)。本ファンドの助成事業で深掘りした地域課題は、1団体あたり4ページの「特集」として掲載します。完成した「あいちの課題深掘りBOOK」2015はこちらをご覧ください。

▼資金使途(“志金”の生かし方)

解決に挑む地域や社会の課題を深掘りする市民公益活動団体(NPO)を応援します。
1.資金支援
●1:助成先の募集:チラシ等の制作、募集説明会や個別相談会の開催等
●2:助成先の選考:書類選考、寄付者投票選考、最終(公開プレゼンテーション)選考の実施等
●3:助成金の提供等:「あいち・なごや子どもとつくる基金」の助成先とともに、地域や社会の課題と先行事例を可視化する取り組み等

2.伴走支援
●1:助成先に関する情報発信:当財団の年次報告書『あいちの課題深掘りBOOK』の制作等
●2:助成先との場づくり:集合研修、中間報告会、成果報告会「モチヨリ(※)」の開催等
※助成先が深掘りした課題をさまざまなステークホルダーと共有し、その解決策を検討する報告会のこと。多様な主体が積極的に参画して運営する、お互いの力や課題を共有しながら対話を積み重ねる「地域円卓会議」形式での開催を想定
●3:ボランティアスタッフの募集等:
助成先をサポートするボランティアスタッフ「モグラー」の募集・コーディネート等

▼寄付方法(“志金”の持ち寄り方)

寄付金額は1口3,000円です。1口につき「あいちの課題深掘りBOOK」1冊を送付します。

1. 下記のいずれかの方法で「寄付者情報」をお送りください。
(クレジットカード決済でご寄付される方は、この「寄付者情報」は不要です。)
(1)【「入会・寄付」申込フォーム】から必要事項をご登録

(2)「入会・寄付申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX、E-mail、郵送でお送りください。
「入会・寄付申込書」 Word形式(77KB) PDF形式(137KB)

2.下記のいずれかの方法でご入金ください。

(1) クレジットカード決済(下記URLをご利用ください。)
http://kessai.canpan.info/org/aichicommunity/donation/
※継続支援/都度支援の2種類から選択してください。
⇒VISAかMasterのロゴが入ったカードをご利用いただけます。
【継続支援】
年一括払いで一定額を寄付する場合
【都度支援】
都合のよいときに、自由な金額を寄付する場合

(2)郵便振替
口座記号番号 00800-7-183220
加入者名 「公益財団法人あいちコミュニティ財団」
※通信欄に「あいちの課題深掘りファンド」への寄付と必ず明記してください。

(3)銀行振込
1.瀬戸信用金庫 車道支店 普通0821374
公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事 木村真樹
(コウエキザイダンホウジンアイチコミュニティザイダン ダイヒョウリジ キムラマサキ)
2.東海労働金庫 本店 普通7026058
公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事 木村真樹
(コウエキザイダンホウジンアイチコミュニティザイダン ダイヒョウリジ キムラマサキ)
※両金庫からは、振込手数料無料化(本支店窓口のみ)のご支援をいただいています。

(4)現金
公益財団法人あいちコミュニティ財団へ持参/現金書留で郵送

【注意事項】
寄付の際には以下の点にご了解いただき、お手続きくださいますようお願いします。
・本ファンドの口座名義は、運営/管理を行うあいちコミュニティ財団の名義となっています。
・振込手数料は、誠に申し訳ありませんが、振込する方でご負担くださいますようお願いします。
・ご納入いただくご寄付は、公益目的事業の指定正味財産とさせていただき、当該事業年度以降の「あいちの課題深掘りファンド」事業に充当させていただきます。
・本ファンドへのご寄付は、税制優遇(寄付金控除/損金算入)の対象となります。

▼寄付特典
(1)本ファンドWebページに氏名を掲載します(氏名公開不可のご連絡をいただいた方以外)
(2)当財団の年次報告書「あいちの課題深掘りBOOK」を送付します

【お問い合わせ】
公益財団法人あいちコミュニティ財団 事務局

〒461-0002
愛知県名古屋市東区代官町39-18
日本陶磁器センタービル5F 5-D号室
NPO法人中部リサイクル運動市民の会内
tel: 052-936-5101
fax: 052-982-9089
e-mail: office@aichi-community.jp(@を半角にしてお送りください)

▼寄付者のみなさま
寄付者数:73名(2017年7月31日現在)
※以下、50音順・敬称略/氏名公開不可のご連絡をいただいた方以外 
明石雅世、朝倉美江、アジア車いす交流センター、東珠実、石川晴子、石本貴之、伊藤敦、市野恵、稲葉耕作、稲吉歩美、今頭由佳、牛越友美子、内田滋、遠藤惠子、大石菜那、大西涼介、太田征樹、大屋正人、尾島多恵子、落合佑哉、小野健太郎、加藤裕美、加藤豊、亀井理沙、河合将生、河村淳司、関内イノベーションイニシアティブ株式会社、川端務夢、北瀬尚之、北堀亮子、倉田和枝、栗原美紗、小森義史、酒井隆信、榊原英夫、塩谷佳祐、篠原恵、鈴木茂和、鈴木雅巳、須田洋平、田中天顕、田中優子、認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ、土崎雄祐、永井寛子、中谷典敬、認定NPO法人名古屋ろう国際センター、並木孝夫、成瀬幸雄、畑和子、林雅樹、東宮照男、福井康貴、古川智恵美、NPO法人穂の国森林探偵事務所、松村純一郎、松本恵子、南綾華、宮原美智子、森建輔、矢上清乃、山川百合子、山本陽子、行本正雄、由里宗之、吉野隆子、涌田幸宏、和田善行

※「あいちの課題深掘りファンド」の2016年の寄付者一覧やメッセージはこちらをご覧ください。

※「あいちの課題深掘りファンド」の2015年の寄付者一覧やメッセージはこちらをご覧ください。

※「あいちの課題深掘りファンド」の2014年の寄付者一覧やメッセージはこちらをご覧ください。

【寄付者の声No.443】 PakaPakaさんのお誘いを頂き出席した円卓会...
2017.08.08